宮原クリニック久留米市の産科・婦人科

産 科Maternity

妊婦検診

妊婦検診

妊婦検診

幸せのコウノトリ

飾り明るく穏やかな雰囲気の中で
安心の出産を
飾り

宮原クリニックでは温かい雰囲気で出産が出来る優しい環境を目指しています。よりきめの細かい対応ができるように、助産師や看護師も多数勤務。皆さんの良き相談相手として努力しています。さらに、お産の不安や痛みを少しでもやわらげるための「ソフロロジー分娩教室」や「骨盤ケア教室」なども開催しています。

妊婦健診

里帰り出産

不妊外来

男女産み分け

妊婦検診

妊婦健診妊娠~6ヶ月
(23週)
3~4週間に1回
妊娠7~9ヶ月
(24~35週)
2週間に1回
妊娠10ヶ月
(36週)~
1週間に1回

※上記以外も医師からの指示があった場合や、何か異常を感じた場合(出血、腹痛、急なむくみ、頭痛など)は、いつでもお電話ください。

4D超音波検査お腹の中の赤ちゃんの立体映像をリアルタイムでご覧いただけます。

風疹について

注意点近年、風疹が再流行しています。妊婦さんが風疹に初めてかかると、おなかの赤ちゃんに感染して先天性心疾患・難聴・白内障・緑内障など様々な悪影響を引き起こす事があり、これらを総称して先天性風疹症候群とよばれています。 妊婦さんは風疹にかからないように注意して、ご主人をはじめとした周りの方々もワクチン接種をお願いします。
症 状
  • ●発熱とともに全身に発疹が出ます。耳の後ろや頸部などのリンパ節に腫れが出る場合があります。発熱は微熱程度の事も多いようです。
  • ●感染経路は飛沫感染・接触感染です。
  • ●潜伏期間は14日~21日です。
予防接種
  • ●妊婦さん本人は胎児への影響が考えられるのでワクチン接種を受けられません。出来れば妊娠前に接種してください。また、ワクチン接種後二ヶ月間は避妊してください。
  • ●妊婦さんのご家族はワクチン接種を検討してください。今回の流行は20~40歳の男性患者が7割ですが、女性の4%が風疹への抗体を持っていません。また女性の11%の方が抗体の値が低く感染への抵抗が十分ではないと考えられています。

里帰り出産診

実家に帰省して地元でお産を迎えることは、出産前後の生活に協力やサポートを受ける事ができて非常に心強いものです。昔から「出産は実家で…」と言われているのは、さまざまな良い面が認識されていたからであり、母乳の出にも良い影響があるとされています。

来院時期出産予定日の2ヶ月前(遅くても34週頃までに)が目安ですが、現在受診している病院で定期健診を受け、紹介状をご持参ください。
※予約制となっておりますので早めにお電話にてご予約をお願いします。
注意点母子手帳、健康保険証、産科医療保障登録証(手続き済んでいる方)等必要な物をご持参ください。
帰省後は当院へご相談ください。

不妊外来

一般的には赤ちゃんを望んで2年経っても妊娠しない場合を不妊症と定義しています。現実には夫婦生活1年目で妊娠される方が8割、1年目で妊娠できなかった方が2年目で妊娠する割合が4割程度です。
赤ちゃんが出来ない場合は、2年間悩むより、少しでも早く不妊の原因を検査して治療していく事が、かわいい赤ちゃんを授かる近道と言えます。

女 性
  • ●卵巣から卵が排卵されない。
  • ●排卵された卵子が卵管を通って子宮に運ばれない。
  • ●子宮に運ばれた卵が子宮内膜に着床しない。
  • ●射精された精子が子宮頚管を上昇しない。
男 性
  • ●精子がない。
  • ●精子の数が少ない。
  • ●精子が射精されない。
  • ●性交障害

※上記以外にも免疫性不妊や原因不明の不妊症もあります。

検 査

検査内容
  • ●基礎体温測定
    排卵の有無や黄体機能不全がわかります。
  • ●超音波検査
    超音波により卵胞の大きさや子宮内膜の厚さを調べます。
  • ●子宮卵管造影 
    子宮腔に入れた細いチューブを通して造影剤を注入し、 子宮の奇形や卵管の通過性を検査します。痛みはほとんどありません。
  • ●ホルモン測定 
    血液中の様々なホルモン値を測定し、排卵の有無や黄体機能不全について調べます。

治 療

治療内容
  • ●排卵誘発
    無排卵や稀発排卵の症状がある場合、内服薬や注射により排卵を誘発します。
  • ●タイミング指導
    超音波検査と尿中のホルモン測定により正確な排卵日を予測して、適正な性交時期をご指導します。これにより約10%が妊娠されます。

※上記の治療でも妊娠出来ない場合や、卵管閉塞のある場合は、高度生殖医療機関を紹介いたします。

男女産み分け

宮原クリニックの産み分けのご相談は3人目のお子様からお受けしております。男女の産み分けは100%ではありませんが患者様が望まれる性別の妊娠をご指導いたします。

男の子を希望される方
  • ●リンカルを服用して頂きます。(カルシウムを含んだお薬です)
  • ●基礎体温を測定し排卵日を正確に把握する。
  • ●排卵日当日に性交。
  • ●性交時にグリーンゼリーを使用。
女の子を希望される方
  • ●基礎体温を測定し排卵日を正確に把握する。
  • ●排卵日2日前に性交。
  • ●性交時にピンクゼリーを使用。