本文へスキップ
福岡県久留米市の婦人科・産婦人科は宮原クリニック

更年期

いつまでも若々しく楽しい人生のために、不安な気持ちや原因不明の症状があったら受診しましょう。

 更年期とはエストロゲン(女性ホルモンの一種)の分泌減少で起こる症状で、個人差はありますが、閉経の前後10年程度、45歳頃から55歳頃までに、のぼせ(ホットフラッシュ)・冷え・倦怠感・疲労感・不安感・イライラ・うつ状態・肩こり・骨粗しょう症等々、何の前兆もなく様々な症状が出てきます。当院にご相談頂ければ、様々な治療方法とともに更年期を乗り切ることが出来ます。

      



更年期障害の検査
問  診  現在起きている症状をお伺いして、
必要な検査・治療の一つの目安とします。 
 ホルモン検査 ホルモン補充療法の必要性を判断するための検査です。
血液検査・尿検査・心電図 更年期障害以外の疾患の可能性を除外するための検査です。
超音波検査 子宮筋腫などがある場合、ホルモン補充療法が実施出来ないため、
確認の為の事前検査です。

※上記検査以外にも患者様の症状に応じた検査を行う場合があります。




更年期障害の治療
ホルモン補充療法・漢方療法・プラセンタ療法など、患者様の症状に応じた治療方法を指導させて頂きます。
ホルモン補充療法 減少しているホルモンを補充することで症状を改善する治療方法です。
貼り薬(パッチ剤)・注射・飲み薬・塗り薬(ジェル剤)があります。
一般的によく使われているのは飲み薬とパッチ剤です。
患者様の症状・体質によって適切な治療方法を指導します。
漢方療法 主に更年期症状が軽い場合やホルモン補充療法が使えない場合に用います。
また、ホルモン補充療法で「めまい」の症状等が改善されない場合にも用います。
プラセンタ療法 プラセンタ療法(メルスモン注射)は1959年に
当時の厚生省(現厚生労働省)から認可を受けている治療薬が
メルスモン注射で、メルスモンとはプラセンタから抽出したエキスです。
安全性や効果については50年以上の実績があります。
卵巣の働きの低下によるホルモンバランスの異常の改善に効果があります。





      


ご心配な症状がある場合はご遠慮なくご来院下さい。お早めの診断でご安心頂けます。