本文へスキップ
福岡県久留米市の婦人科・産婦人科は宮原クリニック

不妊治療 Fertility treatment

ママになる喜びをあきらめないで

不妊症って?

 一般的には赤ちゃんを望んで2年経っても妊娠しない場合を不妊症と定義しています。現実には夫婦生活1年目で妊娠される方が8割、1年目で妊娠できなかった方が2年目で妊娠する割合が4割程度です。つまり、数字の上では1年目で妊娠出来なかった方の6割は2年目でも妊娠出来ないという事になります。
 赤ちゃんが出来ない場合は、2年間悩むより、少しでも早く不妊の原因を検査して治療していく事が、かわいい赤ちゃんを授かる近道と言えます。

●不妊の原因



女性の主な不妊原因  男性の主な不妊原因
 卵巣から卵が排卵されない。
(排卵障害)
精子がない。(無精子症) 
排卵された卵子が卵管を通って子宮に運ばれない。
(卵管の狭窄・閉塞)
 精子の数が少ない。(精子減少症)
子宮に運ばれた卵が子宮内膜に着床しない。
(黄体機能不全・子宮の奇形) 
精子が射精されない。(精路障害) 
射精された精子が子宮頚管を上昇しない。
(子宮頚管因子) 
性交障害(インポテンツ) 

※上記以外にも免疫性不妊や原因不明の不妊症もあります。


不妊症の検査


■女性
  1. 基礎体温測定
    排卵の有無や黄体機能不全がわかります。

  2. 超音波検査
    超音波により卵胞の大きさや子宮内膜の厚さを調べます。

  3. 子宮卵管造影
    子宮腔に入れた細いチューブを通して造影剤を注入し、
    子宮の奇形や卵管の通過性を検査します。痛みはほとんどありません。

  4. ホルモン測定
    血液中の様々なホルモン値を測定し、排卵の有無や黄体機能不全について調べます。


■男性
  1. 精液検査
    精子の数・形態・運動率を調べます。


■男性・女性
  1. 性交後検査(フーナー検査)
    射精された精子が子宮内を上昇していくかどうか調べます。

※当院では男性患者様の検査等は行っておりません
ご希望がございましたら、他の病院をご紹介いたします


不妊症の治療


  1. 排卵誘発
    無排卵や稀発排卵の症状がある場合、内服薬や注射により排卵を誘発します。

  2. タイミング指導
    超音波検査と尿中のホルモン測定により正確な排卵日を予測して、
    適正な性交時期をご指導します。
    これにより約10%が妊娠されます。


  上記の治療でも妊娠出来ない場合や、重症の精子減少症、卵管閉塞のある場合は、
  高度生殖医療機関を紹介いたします。




ご心配な症状がある場合はご遠慮なくご来院下さい。お早めの診断でご安心頂けます。