本文へスキップ
福岡県久留米市の婦人科・産婦人科は宮原クリニック

プラセンタ Placenta

産婦人科で受けるプラセンタ療法

プラセンタとは胎盤のことです。プラセンタは赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに、さまざまな栄養素や酵素を赤ちゃんに運ぶ大切な役割があります。胎盤には赤ちゃんを育成するのに必要なタンパク質・脂質・糖質の三大栄養をはじめとして、ビタミン・ミネラル・酵素・核酸といった人間に必要な栄養素が凝縮されています。




美肌効果  プラセンタは美肌や保湿効果、ニキビ等の御肌トラブルを改善してくれます。また、しみ・しわ・たるみの予防やアンチエイジングにも効果があります。今プラセンタは美容業界で最も注目されています。
 ホルモンバランス調整  プラセンタにはホルモンバランス調整機能があり、医療の現場では更年期障害の治療に用いられています。ホルモンバランスを整えてくれますので、女性特有の様々な症状の改善に期待が持てます。
自律神経の調整  プラセンタには自律神経を調整する機能もあります。心的不安を抑える事で、うつ病にも効果があると言われています。ストレスに対しての耐性を向上してくれるのでメンタル面にも効果的です。
冷え性改善  プラセンタの血行促進機能は冷え性改善に効果があります。血行を良くして体の中から温めることで、辛い冷え性を改善します。
肩こりなど関節症の改善  プラセンタは血行を良くして肩こり・関節痛を和らげます。注射をする事により体の内部から諸症状を緩和します。
更年期障害の改善  プラセンタ療法(メルスモン注射)は1959年に
当時の厚生省(現厚生労働省)から認可を受けている治療薬が
メルスモン注射で、メルスモンとはプラセンタから抽出したエキスです。
安全性や効果については50年以上の実績があります。
卵巣の働きの低下によるホルモンバランスの異常の改善に効果があります。
更年期障害のページはこちら







ご心配な症状がある場合はご遠慮なくご来院下さい。お早めの診断でご安心頂けます。